FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

新たなヒント

昨日、久しぶりに新たな商売につながるヒントを見つけた。ビジネスカテゴリーのブログなのだから、ビジネスに役立つ有益な事を書いた方がよいと思うのだが、本当に商売になりそうな事なので具体的には書けない。
そのため抽象的すぎて何を言ってるのか分からないようでしたらごめんなさい。

ここ数年で構造改革や価格破壊などが進み、ほとんどの業種で効率化が進みコストも限界に近く削減され、さらなる削減をしなければ生き残れない業態も多い状況になっている。

そんななか高時給を維持したままの職種で高利益率の商売があることに気付いた。客観的に見ても、競争率が低く、業界全体で価格を守っており、高単価・高利益率であり、決して無くならならない商売である。

やる気になるのは私の既存の商売と同じニッチな商売であり、私の試算では市場規模が約150億と小規模であるのでやりやすそうだ。

今まで私は客の立場(仕事ではなくプライベート)であったが、その商売はお客の立場に立っていない価格とサービスで、よくよく考えると理不尽ともいえる客との関係である。

それでも今までの慣習からあまり違和感を持たずそのまま受け入れていた。新たに商売にできるような良いネタは、自分が不満に思っている事を解決するようなことが多いと言われているが、今回もまさにそうである。

たぶん私がやらなくてもいずれ誰かがその商売にそれらを解決する新たなビジネススタイルを確立するだろうと思っている。

例えばその業種で働く者の多くはへたなサラリーマンより稼いでおり、1日6時間も働けば25日で月収90万を稼ぐ事が出来る。(1日4時間の場合月収60万、2時間の場合でも30万)。稼ぐ人は年収で1,500万を超えている。

そして彼らはよっぽど悪くない限り仕事の内容の良し悪しに関わらず同じ給料が時給で支払われる。しかし彼らは特殊な能力や資格があるわけでもなく、それだけの時給に見合った仕事をしているとは言えず、その時給の根拠は今までの業界の慣習に基づいているだけだ。

頭が悪いと出来ないが大卒であれば十分だと思うし、普通の勤め人がやろうと思えばすぐに出来る仕事だと思う。(その場合初めの1か月ぐらいだけは毎日2時間位勉強が必要になると思うが。)

確実に需要が有る商売だが、私と同じく発注者側で不満を持つ人や、頼みたくてもどうすればよいかわからない人が多いのが現実である。

うまくビジネスモデルを創れれば、人に喜ばれ自分自身も儲けられる良い商売になると思うので今後考え続けようと思う。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/15 16:17
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。