FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

図面と工事

新店舗の絞り込みがほぼできて今のところ2つの物件のどちらかになりそうだ。
ひとつは新宿の伊勢丹の向かいのビルで、もうひとつも同じ新宿のマルイのはす向かいのビルだ。

どちらも今のビルより立地が良くなりビルのグレードも上がりなおかつ15%ぐらい面積が増える。
しかし家賃相場がかなり下がっているため、今と同じ100万強の家賃なのでかなり得をした気になる。

マルイの近くの方は、エレベーターで上がったフロアーのエントランス部分は広くリフォームしたばかりで
結構お洒落な感じの高級感あるインテリアになっている。

そこは1フロアーにひとつのテナントのためその部分から自由に使えるので色々と構想が浮かんでくる。
後でKENの所有物件だという事が分かり、どうりで綺麗なわけだと納得した。

新規事業を始めるまで開業以来唯一忙しくなるのがこの新店舗の開店前後だった。
この時期は自分の好きなように店舗を作れるので一番楽しい時期である。

そして色々と商業施設やホテル、レストランなど最新のインテリアを参考にするため足を運ばなければならないが、好きな事なので苦にならない。

店舗選定で重要な事は8割方立地なので、物件選びに一番時間と労力がかかる。
しかし物件が決まれば後はどんどん自分で創り上げていくだけなので忙しいが楽しい。

私は自分で図面を引けるので実寸に基づき図面をおこし、実際に幾つもレイアウト図をつくる。
特に入口は重要な部分なので、3Dとまではいかないがパース図に展開し色付けしてイメージを確認する。

いつもパソコンで図面を作成するのだが、図面を作っているとつい夢中になり何時間もやり続け肩がこることがよくあるが、今回も間違いなくなるだろう。

どうして図面を作れるかと言うと、以前のブログに書いたが大学時代にダブルスクールでインテリアデザインの学校にも通っていたからで、学んだことは無駄になってないのかな。

図面が出来たらいつも知人がやっている内装・インテリアの施工会社に依頼している。
私は建材についいてはかなり詳しいので特殊なものでなければほぼ相場がわかる。

また仕事内容によって職人の人工もほぼ分かるので、内装工事の大体の原価を把握できる。
勤め人の時はパナソ○○クで建材の部門にもいたことがあるので建築は詳しいからだ。

その内装・インテリアの施工会社をやっている知人は、私の古くからの知人で信頼のおける人だ。
そしていつもの事だが、彼の出してくる見積は相場より高く、時には相場の2割ぐらい高い時もある。

彼は私が建材や工事に詳しい事を重々承知でその見積を出してくる。
そして私の方もいつも全く値引きをせず、見積金額のまま毎回工事が終わったらすぐ支払うようにしている。

これが彼との信頼関係だと思っている。

彼の工事はいつも新しい建材を探してきたりアイデアを出してれ、仕事も期待通りの事をしてくれる。
そして過去に工事を頼んだ物件で不具合が有った場合、細かい事でもすぐに来て無償で直してくれる。

結局、工事は人の手で行われる為、どういう職人さんがどういう気持ちでやるかで仕事の出来が全く違う。良い材料を使っても施工がダメだといい仕上がりにならない。

そのため良い職人さんにやってもらい、良い施工管理をしてもらい、適正な利益が残るように支払ってあげれば良い仕事をしてくれると思っている。

値切られて利益が少なければ、現実的にアフターフォローをする経費は残らないだろうし、また正直したくもないだろう。

彼はその経営ポリシーを貫いており、私と同じような固定客が沢山付いており今でも営業に行かなくてもよいほど商売は上手くいっているようだ。

私の本業の商売も業界では他社より2割以上高い値段を設定しているので、彼と共感するところもあるためたまに参考にさせてもらうこともある。

勤め人の頃からの付き合いで、工事の種類ごとにすぐに対応してくれる社長が今も何人かいるので、今後も大事にしようと思う。



スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/10/04 07:25
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。