FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

大学の付属学校

前回のブログに書きましたが、娘の中学受験が終わり、第二志望の都内の国立大学付属中学に通う事になりました。

第一志望の私立の中学や他の私立の中学については色々調べていたのですが、国立の中学については殆ど知らず、受かってから初めて入学金や授業料が無い事を知った程度のレベルでした。

そこでいろいろ調べてみたのですが、とても意外な事が多く分かりちょっとそれについて書きたいと思います。

ここに言う国立大学付属学校とは、筑波大学、東京学芸大学、お茶の水女子大学の都内にある付属学校のことをさします。

東京大学付属や東京工業大学付属については、都立高校の中堅レベルと同じ大学合格実績のため除外します。

そしてまずはじめに言いたいのは、国立大学付属の小学校へは入れない方が良いということです。

その理由は、国立大学付属の小学校から入った人たちのほとんどは学力レベルが高くなく、中学卒業時のレベルは普通の公立中学に入れたのと大差がないと思われるからです。当然付属の高校へはほとんど上がれません。

そこに入れるなら公立の小学校に入れて中学受験をさせた方がよっぽど将来の選択肢が広がると思います。

国立大学の付属学校では、国立特有とも言える、小学校、中学校、高校のどこから入学したかにより学力レベル(偏差値)の違いがかなりあります。

問題なのは、小学校から中学校へほぼ全員がどこの付属学校でも上がれることです。
小学校から入った人は、入学時の幼児テストのレベルの試験で受かった人たちなのです。

それなのに国立の小学生と言う事で、はじめはまわりからちやほやされ自分たちは頭がよいと思いこんでいる人がいますが、実はそうではありません。

実際、小学校では受験に対応した授業など行われていませんし、私立の付属とは違い普通の公立小学校と同じ授業しか受けていません。

ですから彼らの大半は普通の公立中学の人たちとほとんど変わらない学力なのです。
それなのに付属中学にほぼ全員が上がれてしまいます。

そして中学になると、2~3年間熾烈な中学受験の勉強を経て入ってくる人たちと一緒になります。

すると中学受験の勉強をしていない小学校から上がってきた人達は、自分たちの学力レベルは上がっていないのに、学校のレベルが勝手に上がってしまう事になり、ほとんどの人が中学から入ってきた人たちに太刀打ちできなくなります。

そして彼らは、受験対策用の授業などない公立中学と同じ授業を受け、付属の高校を含め受験をしなければなりません。

そしてほとんどが付属高校へは上がれず、中学受験をして中高一貫校に行った人たちよりはるかに低い高校に行く人が多いのです。

それならば、国立の小学校に入れず公立の小学校から中学受験をした方がよっぽどいいのです。

また同じ国立付属に入れるなら、中学から入れた方がいいです。中学から高校へは各付属で枠が有り、試験を受け50%~80%が上の学校に上がれます。(筑波大学付属駒場は中高一貫なので除く)

そしてこの数字は小学校から上がってくる人が半分以上いる中での数字なので、中学から入った人に限ると希望者は70%~90%が上がれるようです。

ただ高校から入ってきた人たちは、さらにトップレベルの学力を持った人ばかりなので、中学から入った人も上位に行くのは難しいようです。

また、違う意味でお茶の水女子大学付属は、中学、高校それぞれの入試で入る時の偏差値が高い割に大学合格実績がそれに見合っていないので避けるべきだと思います。ここに行くなら都立上位校へ行った方がましだと思います。

他にも学力レベルごとにどこの国立の付属にいつ入るかで、一番効率良く国立の超難関大学又は医学部に入れるかを私なりに調べてみたので、今度書こうと思います。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/02/12 19:56
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。